推進パートナーの取り組み
2013年12月25日

埼玉石心会病院が、地元食材を活かした食事の提供や、調理実習を交えた「石心会健康塾」を行っています
埼玉石心会病院は、
1.患者主体の医療、2.地域に密着した医療、3.医学的根拠に基づく高度な医療、の3つを理念としている地域医療支援病院です。
地域の生産者やJAと連携し、日々、入院患者や外来患者、従業員の食事を、国産・地元産にこだわり病院施設内で調理し、提供しています。また、平日に毎日、「石心会健康塾」と題し、医師や管理栄養士らが健康をテーマにした参加費無料のセミナーを開催しており、その中で調理実習も行っています。

■開催日:
地元食材を活かした食事の提供:毎日
「石心会健康塾」:月〜金 1日2講座(各30分)

■場所:
地元食材を活かした食事の提供:埼玉石心会病院(所在地:埼玉県狭山市鵜ノ木1-33)
「石心会健康塾」:狭山会場 市民センター、産業労働センター ほか
          入間会場 入間市産業文化センター、入間市市民会館 ほか

※参加費は無料
※詳しくは、「埼玉石心会病院」ホームページよりご確認ください。

seki_01.jpg
seki_02.jpg