推進パートナーの取り組み
2013年1月28日

岸田んぼ事務局が、『岸田んぼまもる米』の販売を開始しました

オリックス・バファローズの岸田護選手が、地元に貢献したい、そして大学生活の4年間を過ごした東北の力になりたいという思いから生まれた活動、「岸田んぼ」。
岸田選手の地元、大阪府茨木市にある「岸田んぼ」で収穫したお米を、「岸田んぼまもる米」として販売し、その売上を東北の復興支援にあてるという活動です。
子供たちに田植えから収穫までの過程を体験していただくなど、さまざま活動をとおして、食事の重要性や東北復興への継続支援の必要性などを伝えています。

岸田護選手、子供たち、農家の方々の愛情がたっぷり入った『岸田んぼまもる米』をご自宅でおいしくお召し上がりください。


kishitanbo130128.jpg