推進パートナーの取り組み
2011年4月27日

三洋電機が、「米パンで学ぼう!お米の教室」を開催します

三洋電機株式会社は、2011年度より環境教育の取組みとして新たに、ライスブレッドクッカー「GOPAN」を題材とした子どもたちへの食育授業を実施いたします。
日本人の主食「お米」をテーマに、お米の新たな可能性として「米パン」の美味しさや、お米を相手に働く人の想いや工夫を学ぶことで、子どもたちのお米への興味関心を育てます。授業を通じて、自分たちが毎日口にする食べ物について考えるきっかけ作りを目指した内容です。


『GOPANの出前教室』

1.日本の主食「お米」
日本人の主食『お米』の消費動向や、「地産地消の大切さ」、「食料自給率の問題」、「食を通じた地球環境問題への貢献」について、クイズを交えて楽しく学びます。

2.「お米を相手に働く人々」の想いや工夫
GOPANの開発に苦労した点、製品に込めた想い等を、GOPAN開発者が語る映像を見ながら学習します。また、米づくりに対する想いを農家の方へのインタビュー映像を通じて紹介します。

3.米パンの試食
お米からつくったパンを全員が試食し、見た目、香り、味など、普段食べているパンとの違いを体感します。
※小麦アレルギーの児童がいらっしゃる場合は要相談

・テーマ
 米パンで学ぼう!お米の教室
・対象
 小学校4−6年生
・実施期間
 2011年5月24日(火)〜7月15日(金)
火曜日〜金曜日(祝日を除く)の授業時間内
・応募募集期間
 4月27日(水)〜5月13日(金)
 ※ご希望数が多い場合は抽選とさせていただきます。
 ※日程や場所によりお受けできない場合がございますが、ご了承下さい。