推進パートナーの取り組み
2011年4月14日

福島県が、「がんばろう!ふくしま!」応援店を募集しています

福島県産農林水産物は、東京電力(株)福島第一原子力発電所事故による影響で、一部で摂取制限や出荷制限を余儀なくされているうえ、大きな風評被害を受けており、生産者にとって大変深刻な状況にあります。
このため、福島県では、安全性が確認された本県産の農林水産物を積極的にPRするとともに、県民一丸となって復興に取り組む「がんばろう ふくしま!」を展開してまいります。
そこで、取組みに協力いただく販売店、飲食店、流通関係者の皆さんを募集します。

■要件
 実施団体は、県産農林水産物等を継続して積極的に販売(食材として活用)している企業(会社組織)、
 任意団体、および個人事業者等とします。
 年間を通じて、県産農林水産物や加工品等の安定的な販売(料理等の提供)をいただきます。
 風評被害を防止するため、安全な県産農林水産物の情報提供とPRを積極的に行っていただきます。
 販売店の場合は、店舗内等に「がんばろう ふくしま!」コーナーを長期的に設けていただきます。

■応援店のメリット
 県が作成したPR資材を提供します(電子データも提供)。
 安全性が確認された県産農林水産物の情報をメール等で配信します。
 運動を実施する応援店として、県のホームぺージでご紹介します。  など
 ※活動状況をご報告いただく場合があります。