推進パートナーの取り組み
2011年2月07日

松蔭高校「Blue Earth Project」で生まれた高校生のアイデアが「シャーリーバー」で商品化されます

松蔭高校(兵庫県神戸市灘区の中高一貫私立女子校)では、10年ほど前より、「女子校生が社会を変える」をキャッチフレーズに、毎年テーマを変え、持続可能な社会作りを目指すキャリア教育(ブルー・アース・プロジェクト)を実施しています。
今年度は、「食料自給率1%向上」をテーマに「ライスアクションキャンペーン〜ご飯を食べて世界を変えよう〜」を展開し、神戸ハーバーランド等大阪・神戸の商業施設内の店舗への米及び米粉メニューの提案、啓発イベント及び消費者の意識調査等を実施しています。
今回の商品化の取組は、農業法人ウエルネスアグリコーポレーション株式会社が展開する、新感覚・新食感のごはんの新しい食べ方を提案する店舗「シャーリーバー」が、松蔭高校生のアイデアを商品化したもので、2011年2月12日(土)よりシャーリーバー神戸本店(神戸ハーバーランドモザイク)にて販売いたします。