推進パートナーの取り組み
2010年5月21日

中原採種場が、「あつまれ、ちびっ子、ヤサイ育て隊 発進」プロジェクトに参加し、活動しています

中原採種場が加入している(社)日本種苗協会福岡支部福岡地区では、食育推進プロジェクトとして、昨年に引き続き市内の小学校2校で野菜の種まきから収穫・調理という一連の作業を体験してもらい、生命を育むことの大変さと喜び、食べ物に対する感謝の心を伝えていく事を、目的としたプロジェクトを開始しました。

当日は、まず教室で協会の担当者から野菜の大切さや育て方を学びました。次に、校庭の畑に福岡伝統の野菜の一つ博多長ナスやキュウリ、オクラなどの種や苗を植え付けました。子供たちからは、「楽しかった。育つのが楽しみ。」「水やりはどうしたらいいの。」「いつごろ実がなるの。」等の質問が次々にでました。
天候にも恵まれ、マスコミの注目も高く、新聞1社(日本農業新聞)、テレビ4社(RKB毎日放送、TVQ九州放送、NHK福岡放送、TNC西日本放送)の取材を受けました。
翌日の新聞に記載され、テレビではニュースとして8回放送されました。

「あつまれ、ちびっ子、ヤサイ育て隊 発進」プロジェクト