推進パートナーの取り組み
2010年3月02日

ネピュレ社が独自開発したネピュレ苺を使用した新製品「苺みつまんじゅう」が発売されます

ネピュレ社が独自開発したネピュレ苺は、苺そのままの色と美味しさから、和菓子の榮太樓總本鋪より3月2日に新発売される「苺みつまんじゅう」の素材(とろ〜り蜜)に採用されました。ネピュレ苺がお菓子に使用されるのは初めて。
「苺みつまんじゅう」は、榮太樓總本鋪の人気商品「黒みつまんじゅう」の季節限定姉妹品で、とろりとしたネピュレ苺を餡・しっとりもっちり生地に包んだ三味を味わえます。榮太樓總本鋪では、苺みつについて何度も試作を重ねたものの、苺が加熱で色変化してしまうため製品化出来なかったところ、ネピュレ苺と出会い、苺そのままの美味しさはもちろん、その色の美しさで今回の採用となりました。
今回の苺みつには、ネピュレ社が選抜した5種類の苺の中から、酸味と風味の良さで静岡産の「紅ほっぺ」を選びました。

●販売期間: 3月2日(火)〜4月30日(金)
●販売店舗: 都内有名百貨店、西日本の一部百貨店


■「ネピュレ」とは
 超高温の蒸気を発生させる特許技術を使い、野菜や果実の細胞を壊さず、栄養価の高いピューレに加工した物。ネピュレ社が独自開発したピューレ。

苺みつまんじゅう