推進パートナーの取り組み
2010年1月21日

沖縄食糧が、黒米粉を使った給食の試食会を実施しました

平成22年1月13日、沖縄県八重山地区において、沖縄食糧の西表島産黒米の粉を使った黒米粉パンが学校給食に登場しました。この日は、沖縄食糧と沖縄県学校給食会が企画し、竹富町立西表小中学校の児童生徒、学校関係者、黒米の生産者、地域の皆様を招いて黒米粉パンがメニューとなった給食の試食会を行いました。この模様は県内のテレビ、新聞にも大きく取り上げられました。
沖縄県産(西表島産)の農産物である黒米を学校給食に使用することで、生産地域の活性化、子ども達への食育、地産地消、食料自給率向上にも繋がるものと今後の黒米粉の使用が期待されております。尚、2月以降は沖縄県内全域の学校給食においても使用される予定です。


沖縄食糧の西表島産黒米の粉を使った黒米粉パンが学校給食に登場