推進パートナーの取り組み
2010年1月12日

きむら食品が、「年越し餅」年末感謝祭を開催しました

きむら食品が、第4回「年越し餅」年末感謝祭を開催しました。
このイベントは、2006年から始まり毎年12月30日に本社工場敷地を地域住民にも解放して行う手造りイベントです。
昔ながらの杵と臼でのもち搗きを通じ、集まった人たちの翌年1年間の無病息災を祈願する「年越もち」と言う伝統行事を中心に、きむら食品の活動とお餅という伝統的な食文化に親しんで貰おうと始めたもので、初年度から回を重ねるごとに口コミで広まり、今回は3,500人もの来場者で賑わいました。
「フードアクションニッポン」のパネルをもち搗き会場に設置し、食料自給率向上への意識も深めて貰えるようにアピールしました。

■イベント内容
 ・新潟産のもち米を使用した、「年越もち祈願もち搗き大会」
  4回実施し、各回200名の方に「搗きたてきなこ餅」として提供
 ・地元野菜をふんだんに使用した、「具だくさんの新潟雑煮」振る舞い
  社員の畑で採れた取れたて野菜を使った、伝統的な新潟雑煮500食を振る舞い
 ・主力の「もち製品」をはじめ、工場で生産するおにぎりなども無料試食
 ・食とスポーツの関係の理解を深めて貰えるよう、地元地域野球リーグの選手を招待してのトークショー


きむら食品が、 「年越し餅」年末感謝祭を開催しました