推進パートナーの取り組み
2009年11月05日

ニチレイフレッシュが鶏糞を利用した飼料米プロジェクトを進めています

ニチレイフレッシュは、子会社であるニチレイフレッシュファームから日常的に排出される鶏糞を加工した有機肥料を活用した循環型農畜産業を目指した飼料米プロジェクトを進めています。
通常60〜70日程度はかかる鶏糞の肥料化を敷地内のプラントで24時間掛からずに肥料化して農家各戸に販売し、飼料米を育てていただきます。秋に収穫した飼料米の乾燥・脱穀処理を行った後、穀物飼料にブレンドされ、出来た配合飼料をニチレイフレッシュファームが購入し、純和鶏に給餌します。
鶏糞由来肥料を使用して飼料米を育てていただき、それを純和鶏の餌として活用することで循環サイクルを確立、さらには国の減反政策によって稲作を断念した転作地および休有地の復活にも寄与できると考えております。

ニチレイフレッシュが鶏糞を利用した飼料米プロジェクトを進めています