推進パートナーの取り組み
2009年10月08日

アコーディア・ゴルフが、全国ゴルフ場レストランで国産食材をふんだんに使った新メニューを提供しています

アコーディア・ゴルフは、2009年10月1日(木)より11月30日(月)まで、「国産食材の活用」をテーマにした「第6回全国料理コンテスト」にてグランプリに輝いた作品を、「秋のフェアメニュー」として提供をいたします。

アコーディア・ゴルフは、 2009年2月1日(日)より
1)グループの全ゴルフ場で提供する「ご飯」「味噌汁」「漬物」を全て国産食材に、
2)各ゴルフ場で地元食材を使った地産地消メニューを開発・提供、
3)食べ残しを減らすため、ご飯をお好みの量にて提供する
という3つの取り組みを実施しています。
 
今回開催した「全国料理コンテスト」は、アコーディア・ゴルフグループ内のゴルフ場レストランスタッフが、「より上質で」「より安全な」食事をお客さまに提供することを目指し、オリジナルメニューの開発を競うものです。
今年は「国産食材を活用したオリジナルメニュー」をテーマに、全国130店舗・250作品から選ばれた13名が集まり、8月に成田ゴルフ倶楽部(千葉県成田市)にて決勝大会を開催。秋のフェアメニューとなる、部門を通じたグランプリには「牛厚切りロース ガーリック焼飯〜国産元気野菜のバーニャカウダ添え〜」が輝きました。

アコーディア・ゴルフが、全国ゴルフ場レストランで国産食材をふんだんに使った新メニューを提供しています