推進パートナーの取り組み
2009年6月04日

ハウス食品が「カレーアクション北海道フォーラム2009」を開催しました

2008年10月に立ち上がったFOOD ACTION NIPPONでは、「旬の国産食材」「地産地消」「ごはん中心のバランスのいい食事」「食べ残しをしない」を推奨しています。
この推奨に非常にかなったメニューがカレー。そこでハウス食品では本年、FOODACTION NIPPONの推進パートナーとしてCURRY ACTION NIPPONのキャンペーンを立ち上げました。
その一環として、5月18日札幌市内のホテルで、流通・卸の関係者約120名を招いてのセミナー「カレーアクション北海道フォーラム2009」を開催しました。
フォー ラムには、名古屋大学の大澤俊彦教授、農林水産省北海道農政事務所長の櫻庭英悦(さくらば えいえつ)氏、北海道農政部参事監の赤岡 洋(あかおか ひろ し)氏、女優の黒谷友香(くろたにともか)氏、ハウス食品の宮戸洋之氏が出席。キャスター・エコライフジャーナリストの林美香子さんの進行のもとに、食料 自給率を向上させることの意味、そしてひとりひとりが運動を実践していく上で、国民食であり健康食であるカレーが、いかに多くの可能性を秘めているかが語 られました。 


カレーアクション北海道フォーラム2009