推進パートナーの取り組み
2008年12月02日

日本の食料・農業のあり方を探るシンポジウムの開催について

日本の食料・農業のあり方を探るシンポジウムを下記のとおり開催いたします。



開催概要

日時

平成20年12月10日(水曜日) 13時00分‐16時30分

場所

東京グランドホテル 3階「桜の間」(〒105-0014 東京都港区芝2-5-2)

主催

日本の食料・農業のあり方を探るシンポジウム実行委員会
【構成団体】
全国農業経営者協会、全国養鶏経営者会議、全国稲作経営者会議、全国観光農業経営者会議
全国肉用牛経営者会議、日本鶏卵生産者協会、日本養豚生産者協議会、(社)日本農業法人協会
全国認定農業者ネットワーク、全国女性農業経営者会議、全国肉牛事業協同組合
日本ブランド農業事業協同組合、日本養豚事業協同組合、消費科学連合会
共催:全国農業会議所、全国農業経営者組織連絡協議会

共催

全国農業会議所、全国農業経営者組織連絡協議会

詳細

基調講演 (13:20-14:00)

「WTO・FTAと日本の食料自給率」講師:鈴木 宣弘氏(東京大学教授)

パネルディスカッション (14:10-16:10)

「このままでいいのか日本の食料・農業」

【パネリスト】
1.日本農業法人協会会員   忠 聡氏
2.日本養豚生産者協議会会長  志澤 勝氏
3.消費科学連合会会長   大木 美智子氏
4.東京大学大学院修士1年   高木 英彰氏
5.東京大学教授    鈴木 宣弘氏

【コーディネーター】
見城 美枝子氏(青森大学教授・エッセイスト)

農業経営者からのアピール (16:10-16:30)

全国女性農業経営者会議会長 船ヶ山 美津子氏

お問い合わせ先
日本の食料・農業のあり方を探るシンポジウム実行委員会
事務局:全国農業会議所
担い手・新規就農対策部/中園、稲垣、鈴木、安部
TEL:03-6910-1124 FAX:03-3261-5131