和歌山県 田辺市

株式会社たがみ

地域を見直し新しい価値を創造しモノと心が一緒に流通する

活動の内容

食料自給率向上のために、取り組んでいることは何ですか?

安心・安全・信頼の付加価値を高める。流通については、「顔の見える流通」に取り組み、生産農業者の生産情報を前面に出した販売方法を目指す。また、ロスをなくし儲かる仕組みを作り農業者の意欲を高め、若い後継予定者のやる気を引き出す。講演会やプレゼン、食育を通じていただきますの感謝の心を伝える。

食料自給率向上に取り組もうと思ったきっかけは何ですか?

熊野地域は、豊かな海山川の食材に恵まれ「さば寿司」「さんま寿司」「茶粥」など、米を使用した郷土料理や食文化が多数存在するにもかかわらず、それらの情報発信やブランド化が必ずしも成功していない。今回の商品開発では特に、主食となる米自体にスポットをあて、観光地および熊野の地域ブランドを売りにする飲食店などへの積極的な営業を行い、熊野ブランド米の価値の向上と同時に米の消費拡大を目指す。

今後、推進していきたい取組みは何ですか?

お米は色々なモノ作りができ米粉や冷凍米飯、熊野米を使ったお酒などを製造していきたい。また、田んぼがあるのでもち米や、裏作で色んな野菜などを作り一つの田んぼの収益を上げて行きたい。<br /> 点と点を線で結び面にして世界の熊野として世界に打って出たい。

推進パートナー所在地

【別ウインドウで地図を拡大表示】

フォトギャラリー

  • gallery thumbnail

  • gallery thumbnail

  • gallery thumbnail




ページの先頭に戻る