神奈川県 横浜市戸塚区

和ダイニング櫓

地産地消で多面的効果 エネルギーとCO2の排出量を削減

活動の内容

食料自給率向上のために、取り組んでいることは何ですか?

実店舗に於いて地場産応援店として緑提灯を掲げ、食料自給率向上に努めたり、県内の農、漁業組合の行っているかながわブランドサポート店として神奈川県内産の農林水産物を積極的に取り扱い、かながわ産品へのこだわりを追求しております。また横浜市の推進する事業のはまふぅどコンシェルジュとして、農地や農業、農産物をつなぐ活動に取り組み地産地消へ貢献しております。

食料自給率向上に取り組もうと思ったきっかけは何ですか?

環境問題が叫ばれる昨今、環境省が取り組むチームマイナス6%から現在チャレンジ25キャンペーンに参加しエコ、省エネ、CO2削減、地球温暖化防止等何が自分達で出来るかを考えたから。

今後、推進していきたい取組みは何ですか?

今後は更に、健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習、すなわち食育について取組みを行っていきたいと考えております。

推進パートナー所在地

【別ウインドウで地図を拡大表示】

フォトギャラリー

  • gallery thumbnail

    甲州軍鶏

  • gallery thumbnail

    矢島農園

  • gallery thumbnail

    緑提灯

  • gallery thumbnail

    鮮魚

  • gallery thumbnail

    はまポーク




ページの先頭に戻る