お知らせ
2011年4月25日

【推進パートナー】震災被災地を応援する農林水産省の取組「食べて応援しよう!」 フード・アクション・ニッポンとの連携強化のお願い

日頃より、フード・アクション・ニッポンの推進にご尽力いただき、誠にありがとうございます。

既にフード・アクション・ニッポンの公式WEBサイトを通じご案内さし上げているとおり、農林水産省は、東日本大震災の被災地及びその周辺地域で生産・製造されている農林水産物や加工食品を積極的に消費することによって、産地の活力再生を通じた被災地の復興を応援するため、多様な関係者間で一体感を醸成する取組「食べて応援しよう!」をフード・アクション・ニッポンとの連携の下に進めていくことを4月15日に発表いたしました。

また、このような取組が広がりを見せる中、本日、枝野官房長官より、全国各地において、被災地を応援しようという趣旨から、被災地の農林水産物を販売するフェア・キャンペーンや社員食堂や外食産業などでも優先的に使用しようという取組が広がっていることについて、感謝の意が示されたところであります。

このような震災被災地を応援する取組は、フード・アクション・ニッポンの目標である「“おいしいニッポンを”残す、創る」という理念そのものであり、私どもとしましても、フード・アクション・ニッポンの推進パートナー5,474社(4/15現在)とのネットワークを通じ、上記取組の更なる浸透を図ることが極めて重要であると考えております。

現在、「食べて応援しよう!」と連携する形で推進パートナーの皆様方にご活用いただけるツール類の開発を進めており、準備が整い次第提供させていただきますので、皆様方におかれましては、是非、この「食べて応援しよう!」という取組の趣旨にご賛同賜り、ご一緒に日本の食、食文化を守る、残す、創る運動にご参画を賜れましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。