プロフィール

株式会社ローソン 
商品・物流本部 ベーカリーデザート部 部長

流通分野 柳田 欣浩さん

■きっかけ

もともと、米粉ありきで商品開発を始めたわけではありませんでした。新商品の開発を必要としている時期に米粉と出会い、もちもちした食感もいいし、風味もいい。これは小麦とは違う魅力を持った日本人向きの商品ができるぞ、ということで、商品開発に取り掛かったのが始まりです。当初は手探りです。米は、私たち日本人がこれだけ日常的に接している食べ物なのに、米粉になると知見が皆無。とにかく、まずは情報整理から始めました。

■商品化までの苦労

商品化に向けて、研究をしながら進めたのですが、知見がないので、やればやるだけ見えてくる、という状態です。たとえ試作品ができあがっても、実際に店頭に並べるまでにはいくつもの問題をクリアしなくてはいけません。正直、泣きそうになったこともありました(笑)。でも、これだけの規模で100%の米粉商品開発は初めての試み。旗を振り始めた以上、お客さまによろこんでもらうためにはくじけちゃいけないんだと、旗を振り続けました。

■米粉100%のこだわり

とにかく、今までになかった新しい食べ物を作りたい、という気持ちが強くありました。たとえば、今までパンを食べていなかった方に食べていただくことはできないかと。米粉の持つ特徴を考えると、潜在的なニーズはあると思いました。ニーズに応える形で提案をしていくのが私たちの使命だと考えていますので、米粉パンというまったく新しい食べ物を提案することで、そのニーズに応えることができるのではないかと考えました。そしてそのためには、やはり米粉100%でなくてはいけなかったのです。

■今後

ポイントとしては、これは新しい食べ物だ、ということ。米粉は、小麦の代替品というわけではないのです。私たちは、新しい食べ物を食べていただく機会をご提供していきたいと考えていますので、今後も米粉メニューを広げていきたいと考えています。今秋に収穫した新米は、さっそく新商品として使うつもりです。そういえば、「新米のパン」ってなかなか聞かない言葉ですよね(笑)
今後も、私たちがお客さまのニーズにお応えすることで、結果的に食料自給率向上のお役に立てればいいと思います。


ページの先頭に戻る

プライバシーポリシー このサイトについて サイトマップ