はじめまして!

料理研究家のきじまりゅうたと申します。

この度は光栄にもこのブログに新メンバーとして迎えていただきました!

 

僕がご紹介するテーマは「冷蔵庫の残り物」を使った米粉のメニュー。

 

冷蔵庫にちょっと残ってしまった食材。

それを使ってできるだけ美味しいおかずを考えるのも

料理の楽しみのひとつだとおもいます。

米粉を使って余った食材をおいしい料理に変身させる技をご紹介できたら嬉しいです。

 

さてさて前書きが長くなってしまいましたが

我が家では冷蔵庫の整理を兼ねて、

結構ひんぱんなペースでカレーを作ります。

 

カレーの魅力を語りだしたらレシピにたどりつくのが

明日になってしまいそうなので控えますが、

わりとどんな材料を入れても、美味しくまとめあげてくれる懐の深さもそのひとつと言えましょう。



kijima-01-01zairyo.JPG


今日も冷蔵庫を開けてみると色々な食材がありました。

今が旬の夏野菜がちょっとずつ残ってますねぇ。

 

で、今日はどんなカレーにしましょうか?

僕はインド系も好きだし、欧風も大好き。

いわゆるお母さんのカレーも好きだし、蕎麦屋のカレーも外せません。

でもこんな暑い季節は、ちょっと酸味の効いたさっぱりしたカレー

が食べたくなります。

 

さらに仕事の合間のまかない用に作るのでスピーディーに作りたい!

ひと晩寝かせた方が良いカレーもありますが、

今回のカレーは作ってすぐ美味しく食べられます。

ただでさえ暑いから、火元の前にいる時間も

できる限り短くしたいですしねw

 

もうひとつ言えば、今回はさっぱりサラサラに仕上げたいので

市販のカレールーは使いません

自家製でルーを作るのは面倒でテクニックも必要ですが、

溶けやすい米粉を使えば、

具と炒めるだけでほどよいとろみがつくんです!

市販のルーを使わないでカレーが作れちゃうなんて、ちょっと自慢になりません?

「今日のカレーは市販のルーを使ってないから!」

って大きめの声でアピールしてくださいw。

 

 

では作っていきましょう。

りゅうた流 夏野菜の米粉トマトカレーです!



kijima-01-dekiagari.jpgのサムネール画像◎材料(2〜3人分)

タマネギ:1/2

ニンニク:1

豚ロース薄切り:80g

トマト:大1個

しめじ:1/2パック(50g)

ナス:1本

オクラ:4本

ごはん:2〜3膳分

サラダ油:適量

バター:10

熱湯:200cc

らっきょう:適宜

A

米粉:小さじ2

カレー粉:小さじ2

塩:小さじ1/3

コショウ:少々

砂糖:小さじ1 

B

ウスターソース:大さじ1

ケチャップ:大さじ1

酢:大さじ1/2


◎作り方

1. タマネギは繊維と並行向きに5mm幅に切る。ニンニクはみじん切りにする。トマトはざく切りにする。しめじは石突を取ってよくほぐす。

2. 鍋にサラダ油:大さじ1/2を入れて中火で熱し、タマネギをしんなりするまで炒める。

3. 肉を加えて白っぽくなるまで炒め、しめじを加える。

4. しめじがしんなりしたらバターを加える。バターが溶け始めたらAを順に加え混ぜて炒める。

5. 熱湯を注ぎ、1.のトマトを加え、再度沸騰したら弱火にして5分ほど煮る。

6. 別のフライパンにサラダ油:大さじ1/2を入れて中火にかけ、乱切りにしたナスと、半分に切ったオクラを順に加えてさっと炒める。

7. 6.のナスとオクラを5.の鍋に加えてBで調味し、1〜2分ほど煮たらご飯にかける。好みでらっきょうを添える。



kijima-01-02komeko.JPG

*米粉を溶かしているところ

 

米粉は溶けやすいので、別にルーを作る必要もありません。

炒めた具に直接加えてなじませておけば、

煮ている間に自然にとろみがつきます

 

使う野菜は、トマトとタマネギと味の出るきのこ類さえ入っていれば、

あとの野菜はなんでも構いません。サッと炒めてから加えましょう。

肉だってちょっと入れば、鶏肉でも牛肉でも良いんです。

 

冷蔵庫の中身と相談して、気負わずに楽しく作っていただけたら嬉しいです。