調査結果のご紹介

食材調達における地域連携の取り組みと国産食材使用促進の課題

医療・介護の現場で、食材調達において地域と連携した取り組みを行っているのは3〜4割。今後、国産食材の使用を増やすには「価格」と「安定供給」が課題である。

医療・介護の現場で、食材調達において地域と連携した取り組みを行っている割合は3〜4割である。
今後、国産食材の使用を促進するための課題としては、「価格」(高い、変動が大きい)が最も多く挙げられている。また、管理栄養士の5割が「供給が不安定」を挙げており、価格と安定供給が大きな課題であるといえる。


食材調達における地域連携

国産食材使用促進の課題

調査結果一覧


ページの先頭に戻る