調査結果のご紹介

医福食農連携の重要度に対する認識

医療・介護関係者は、医福食農連携の取り組みは重要だと認識している

医療・介護の現場では、医福食農連携の取り組みが重要だと思う割合が、職種に関わらず高い(「重要である」+「どちらかといえば重要である」で8割以上)。
また、取り組み分野では、「薬用作物の国内生産拡大」がやや低いものの、「機能性を有する食品の拡大」、「介護食品の開発・製造・販売」、「障害者等の就労支援」、「農作業を活用した高齢者のリハビリ、生きがいづくり」、「その他、地域の食材を活用した取り組みなど」いずれの分野も重要だと認識されている。


医福食農連携の重要度認識

医福食農連携の各分野についての重要度認識

※数字は、「重要である」+「どちらかといえば重要である」の割合

調査結果一覧


ページの先頭に戻る