事例のご紹介

佐久市
〒385-8501 長野県佐久市中込3056
http://www.city.saku.nagano.jp/
ぴんころ運動推進事業
プロジェクト・ストーリー
見た目にも楽しいメニュー

 健康のまま天寿を全うする意味の「ピン・ピン・コロリ」を核に、健康長寿のための健康づくり事業として、生活習慣病予防と健康増進を目的とした啓発活動を、保健、医療、商工、観光など関係機関との連携を図りながら取り組んでいます。平成18年の「健康長寿都市宣言」をうけて、平成19年より本事業を展開し、同年、「ぴんころ御膳」のメニューの開発を長野県栄養士会佐久支部へ委託。パンフレットやイベントなどを通じて、健康増進のための活動を展開しています。

イノベーション・ポイント
地域食にも応用が可能

 1食のエネルギーが600〜700キロカロリー、塩分3〜4グラム、地元食材を使った「ぴんころ御膳」を広めるために、ぴんころ運動推進事業の一環として、公民館などで「ぴんころステーション」を開催しています。そこではピンピン講座、長寿体操、健康・栄養相談、体脂肪測定など、健康促進のための複合的な取組みを展開し、市民の健康づくりに寄与しています。また、地元野菜や佐久鯉など、地域の食材を使った食品やメニューを提供するお店には、市が地産地消推進認定店として支援することで、地域食が広がる傾向がみられます。
 行政、市民を挙げての積極的な取組みが広がり、大手出版社より「ぴんころ御膳」レシピ本が出版。小さな町のローカルレシピが全国区に、と話題になりました。また書籍化されることで、新しいメニューが生まれるなど、さらなる相乗効果が生まれています。

今後のビジョン
子どもの食育にも役立てる

 複合的な取組みが功を奏し、漬け物などの地域食にも減塩対策が進むなど、行政、市民が一体となった地元食材を使った健康食への取組みが浸透しつつあります。現在は中高年向けのものが中心ですが、今後はターゲットを子どもや若者、親子にもひろげ、年代に応じたぴんころ御膳を展開するなど、食育の視点も含め幅広く積極的に取り組んでいきます。

利用者の声
味付けは減塩するなど薄味ですが、だしや酢、旬ならではの風味野菜をスパイスにきかせることで、旨味のあるメニューで、おいしく食べることができます。

ページの先頭に戻る