名称、ロゴ・マーク、基本メッセージ

フード・アクション・ニッポンの目指すもの

フード・アクション・ニッポンとは、日本の食を次の世代に残し、創るために、日本の食料自給率の向上を目指した国産農林水産物の消費拡大の取組です。より多くの国産農林水産物を食べることによって食料自給率の向上を図り、食の安全と豊かさを確かなものとして子供たちの世代へ引き継いでいくことを目指します。

日本国内の食料供給の安全を確保することができれば、それは世界の食料生産拡大へ貢献することにも繋がります。日本産の食物を食料自給率の低い国へ供給する等、食料の循環を積極的に行うことで、世界の食料問題解決への貢献をも目指します。

食料自給率向上に向けた国産農林水産物の消費拡大の取組を推進するために、「フード・アクション・ニッポン」という名称を設定し、取組の社会的周知・理解を求めていきます。また、消費者の本取組への具体的な参加を促すためにも、推進パートナーである企業・団体の皆さまと一緒に、ロゴタイプ・シンボルマークを様々な場面で活用し、国産農林水産物の拡充に向けた取組を推進していきます。

名称

国産の消費拡大に向けた国民運動フード・アクション・ニッポン

ロゴタイプ

画像:ロゴタイプ

ニッポンのシンボルであり、かつ取組の旗印としてふさわしい「日の丸」を、ニッポンの食の未来のモチーフとし、それを大切に受け継いでいく次代を担う子供の姿を、ほほえましく、やわらかいタッチでシンプルに描きました。同時に、「日の丸」を少し自慢げに抱く姿は、ニッポンの食(=国産)を「誇る」姿を表現しています。

基本メッセージ

画像:基本メッセージ 子供たちの子供たちも、その、ずーっと先の子供たちも食べていけますように。

この想いを、誰にでもわかりやすく伝えることが重要であると考えました。

食の未来は、ニッポンの未来。
そのために“おいしいニッポンを”選択して、
使う、食べることで、その料理や素材、食文化や、
そのおいしくて、顔が見える安心が、
未来に引き継がれていきます。

“おいしいニッポンを”残す、創る。そんな想いをこめています。


ページの先頭に戻る