2018年度入賞産品

蔵王バター

産品名(商品名)
蔵王バター
企業・団体・組織名
みやぎのあられ株式会社
所在地
宮城県亘理郡亘理町逢隈鹿島吹田51
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類)
産品に関するPRポイント
主原料のもち米を自社農場で育てています。味付けは宮城県産のフレッシュバターと塩のみ。もち米の美味しさが伝わります。
国産原材料のこだわり
弊社はあられの主原料となるもち米を、宮城県亘理町の自社農場で作っています。品種はもち米の王様と呼ばれる「みやこがねもち」。田植えから水の管理、刈り取りまで手間暇かけ、大切に育てています。「蔵王バター」は宮城県蔵王町で作られたバターを使い、あっさり塩味に仕上げました。バターの風味と、もち米の甘さを味わっていただけます。
開発背景や製法のこだわり
専用のビニールハウスに生地を広げ、3日から5日かけてじっくりと干します。機械を使い、高温で乾燥させれば数時間で終わる作業ですが、もち米の美味しさを最大限に引き出すため、自然の光と風の力を借りる、昔ながらのこの工程を大切にしています。また、化学調味料や保存料、着色料、香料を使用しておりません。素材そのものの美味しさを引き出すように努めています。
生産者の特徴
家族が中心となって営む小さなあられ屋です。現社長の石田定克が修行先から戻った42年前に創業し、昔ながらのあられづくりを守ってきました。10数年前から2代目も加わり、新しい味の開発や事業展開にも意欲的に取り組んでいます。
一覧へ戻る

TOPへ戻る