2018年度入賞産品

キヌガサタケ

産品名(商品名)
キヌガサタケ
企業・団体・組織名
ハルカインターナショナル
所在地
岐阜県郡上市和良町横野
産品の種類
一次生産物全般
産品に関するPRポイント
日本で初めて、高級きのこ、キノコの女王と称される、キヌガサタケの人工栽培に今夏、成功しました。来夏本格出荷します。
国産原材料のこだわり
主に竹林に自然発生する希少キノコです。このため、竹林の竹チップなどを発酵培地に活用しています。放置竹林や森林資源の出口戦略の一つとして、無から有を生む挑戦をしてきました。不用となった培地は、畑地の有効、優良な堆肥にも活用でき、オーガニックな日本の大地、森林資源、水資源の活用方法も提案しています。
開発背景や製法のこだわり
キヌガサタケは国内では高級中華の食材として、有名ですが、すべて中国経由の乾燥品となります。トレサビリティ、安全性にもいくつかの疑問が生じる食材となります。当社では、同業他社、公共研究機関が挑んでも出来なかった、キヌガサタケの人工栽培に成功した上で、安心安全な高級食材を、一般消費者の皆様にも、お値打ちな価格で提供できるよう、努めていきます。具体的には2019年夏季の本格栽培で量産致します。
生産者の特徴
日本唯一の有機JAS認証キノコの生産販売会社です。主力はシイタケ、キクラゲで、キクラゲは3年前から国内トップメーカーとなっています。
大手流通店舗から、オーガニック食材の宅配、通販、大手外食までに販路を広げています。13年前、言われもないアガリクスの発がん性問題で、甚大な被害を被りましたが、アガリクスの栽培技術を生かして、キヌガサタケの人工栽培に成功、生産者としてリベンジを果たしました。"
一覧へ戻る

TOPへ戻る