2018年度入賞産品

生パスタ RuRu Rosso フィットチーネ

産品名(商品名)
生パスタ RuRu Rosso フィットチーネ
企業・団体・組織名
留萌・麦で地域をチェンジする会
所在地
北海道留萌市住之江町2丁目1-2
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類)
産品に関するPRポイント
留萌管内産小麦「RuRu Rosso」を100%使用し、モチモチとしながらも、硬くコシのあるコチコチとした食感です。
国産原材料のこだわり
「生パスタ RuRu Rosso」は、北海道留萌管内でしか栽培されていない、希少な超強力小麦「北海259号」から製粉された小麦粉「RuRu Rosso」を100%使用しています。「北海259号」は、市販のパスタのデュラム小麦に近いパスタ適正を持ち、一般の国産小麦よりもゆで伸びが遅く、コチコチとした独特な食感が特徴です。平成24年には北海道主催の「北のハイグレード食品」にも認定されています。
開発背景や製法のこだわり
地域ならではの個性的な小麦づくりを模索していた若手生産者と、地元産小麦で素晴らしい製品を作りたいと思っていた製麺会社の想いから、製粉会社などの協力により「北海259号」に出会い、上記に加え、農協や飲食店、各種団体など生産~加工~製造~消費までの一連の関係者からなる「留萌・麦で地域をチェンジする会」を平成22年に発足し、平成23年から「生パスタ RuRu Rosso」の販売を開始しました。
生産者の特徴
平成21年に0.5ha、生産者1名から始まった「北海259号」の生産は、年々広がりを見せ、平成29年には生産面積は46ha、生産者は10名にまで増加しています。
また、「留萌・麦で地域をチェンジする会」では、「北海259号」の安定生産を目指す取組みや、販路拡大に向け、レストランのシェフや卸売業者などを対象とした見学ツアーの開催など、地域一体となって取り組んでいます。
一覧へ戻る

TOPへ戻る