2018年度入賞産品

キビまる豚

産品名(商品名)
キビまる豚
企業・団体・組織名
農業生産法人株式会社福まる農場
所在地
沖縄県南風原町字宮平585
産品の種類
一次生産物全般
産品に関するPRポイント
豚特有の臭みがなく、まるで上質な和牛のように細かいサシが入った肉質で、まろやかで甘みがあります。
国産原材料のこだわり
沖縄県内の作物を飼料として沖縄のオリジナルのブランド豚を生産している。主に紅芋、さとうきびの糖蜜、沖縄県内の薬草を県内企業から仕入れていて配合飼料とブレンドし与えている。6年の歳月をかけて研究を行ったところ、豚の体調管理をするうえで薬草には大事な役割があることが分かった。さらに沖縄の土壌菌であるEM菌の効果を混ぜることで健康な豚の飼育を行うことが出来ている。
開発背景や製法のこだわり
近年、沖縄県の養豚業の衰退や環境問題への苦情により存続が困難な状況を目の当たりにしました。沖縄の伝統である豚肉が減少している、この現状を変えることは出来ないのかという思いで養豚業を研究し、独自の方法で生産をしてきました。最近では「食の安全・安心」、「畜産業の変革」などの言葉をよく聞くようになり、福まる農場では多くの衛生基準の検査や豚舎・加工場の新設を行い、安心して食べられる商品作りをしております。
生産者の特徴
私たちは「命を預かる」をテーマに日々精進しています。生き物を育てることは簡単なことではありません。環境変化を見極めながら体調管理を行い、健康な豚を育てる。その積み重ねが良質な商品へ繋がると信じています。生き物の命を預かっている意識を常に持ち、自身で育てた豚が多くの方に選ばれ、喜ばれることが自信になります。お客様の口に運ぶ商品の始まりが自身の持ち場であるという責任を感じています。
一覧へ戻る

TOPへ戻る