2018年度入賞産品

こめたまごの燻製

産品名(商品名)
こめたまごの燻製
企業・団体・組織名
茨城農女ファーム
所在地
茨城県行方市次木982-9
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類)
産品に関するPRポイント
飼料米を給餌して放し飼いで育てた鶏が産んだたまご。いつでも手軽に食べれるように、利尻昆布と伯方の塩で味付けし燻製に。
国産原材料のこだわり
原材料は飼料米を給餌し愛情たっぷりに放し飼いで育てた「こめ卵」。卵を燻す前に北海道の利尻の昆布と愛媛の伯方の塩でじっくりと染み込ませたあと、広葉樹のチップで燻しています。特にたまごは非遺伝子組換えの餌にこだわって生産した、たまごを使用しています。
開発背景や製法のこだわり
たまごは、食物繊維とビタミンC以外の成分を含有。天然のサプリメントとも言うべきたまごを手軽に食べてもらいたい。小腹がすいたときに太らずに罪悪感なく食べれてもらいたい。との思いから、持ち運びが可能で保存もできる燻製たまごを作りました。この燻製卵は殻ごと燻製しているので、香りが抜群。ウィスキーのつまみとしてたまごを楽しみながら、ひれ酒のようにグラスに入れ、燻製たまごの殻とのコラボを楽しんで下さい。
生産者の特徴
農業高校に通う農業女子、大久保芙有花が代表を務める茨城農女ファームです。昨年、一昨年と「米まよねえず」「烏骨鶏卵プレミアムヘルシーマヨネーズ」で入選させて頂きました。高校3年生の今年は高校生活最後の集大成。「美味しかったよ」と言われた喜びを胸に、今までの経験や出会いを最大限いかし、皆さんの笑顔が少しでも増えるように、安心・安全、そしてやさしさを届ける、生産者、農業者でありたいと思います。
一覧へ戻る

TOPへ戻る