2018年度入賞産品

土佐文旦クランチピール

産品名(商品名)
土佐文旦クランチピール
企業・団体・組織名
有限会社 桂
所在地
高知県高知市旭駅前町43
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類)
産品に関するPRポイント
ひとつぶで土佐文旦の香りが口の中に広がり、後味はスッキリとさわやかです。金平糖のような新しいピールのお菓子です。
国産原材料のこだわり
原材料は、土佐文旦の外皮(高知県産)と砂糖だけしか使用していません。土佐文旦の生産者は、先々代が始めた高知市内の農園を継ぎ、高知の街路市「日曜市」で人気の農家です。土佐文旦の外皮は、原材料として流通されていないため、この商品のためだけに外皮の加工をしています。土佐文旦の短い収穫の時期に、一年分の原材料となる外皮を冷凍保存することにより、一年を通じて商品を生産できるようになりました。
開発背景や製法のこだわり
土佐文旦は、高知県民にとってはなじみが深い柑橘ですが、果皮のアルベド部分が厚い上苦味が非常に強く、また熱に弱く独特の香りはすぐに消えてしまうため、加工食品の原材料には不向きと言われています。「シンプルでおいしい」をコンセプトに、素材の特徴をしっかり感じられるよう、高温になる加熱工程を最低限に減らしています。外皮の下処理から糖漬け・乾燥まで、一週間の時間をかけて丁寧な手作業で作り上げています。
生産者の特徴
京都で菓子の修行を重ね、郷里・高知で昭和43年に創業しました。季節感を重視する和菓子が主ですが、地元食材の活用だけでなく土佐弁や郷土民話を商品イメージに盛り込み、地元に縁が深い商品づくりをしています。そのため、贈答用に使われるお客様が多くいらっしゃいます。また和菓子技術の向上や普及とあわせて、地域貢献にも力を注いでいることから、高知市雇用創出促進協議会と協力した商品開発にも取り組んでいます。
一覧へ戻る

TOPへ戻る