2017年度入賞産品

食べる甘酒

産品名(商品名)
食べる甘酒
企業・団体・組織名
有限会社原田食品製造所
所在地
熊本県山鹿市鹿本町来民1166-2
産品の種類
加工食品
国産原材料のこだわり
原材料については、地産地消を目的に発芽玄米・うるち米・もち米、すべて当社地元の熊本県山鹿市産の原料を使用。こだわりの全国米・食味分析鑑定コンクールで日本一にも輝いた無農薬栽培米を発芽させた「発芽玄米」を使用。発芽玄米については注意すべき点は玄米の残留農薬であるが、本来持つ生命力によって育てられた「安心」「安全」な無農薬の発芽玄米を提供することで、食べる人の健康にも貢献できます。
開発背景や製法のこだわり
原料発芽玄米麹について、麹は白米に麹菌を種付けして製造するが、玄米においては固い殻に覆われているため通常麹化が困難とされてきた。しかし発芽玄米については、当社の明治創業より続く古式麹製造法を元に良質の麹を造る事に成功した。発芽玄米麹を使用した甘酒を開発し、更にゼリー状にすることで、発芽玄米の粒々もちもちの食感とプルンとしたジュレのような食感を融合した、スウィーツ感覚で味わえる食べる甘酒が誕生した。
生産者の特徴
創業明治20年。当社の麹室、蔵由来の麹が生み出す芳醇な香りが漂う環境の中、古式麹蓋製法など、120年以上続く伝統のある手造りを守り続けております。誠心誠意心を込めて大事に育て上げて造り上げる麹、その麹及び麹を使った加工食品の素晴らしさを伝え、日本の食文化の原動力となるよう、これからもお客様の「食する喜び」への貢献を目指します。
一覧へ戻る

TOPへ戻る