2017年度入賞産品

格之進 白格ハンバーグ

産品名(商品名)
格之進 白格ハンバーグ
企業・団体・組織名
株式会社門崎
所在地
岩手県一関市川崎町薄衣字法道地21-16
産品の種類
中食
国産原材料のこだわり
弊社のハンバーグは、自然豊かな環境から生み出された生産者の顔が見える確かな原材料と技術と情熱で作っております。原料の牛肉は生産から見極め、弊社が厳選した岩手南牛を中心とした黒毛和牛を使用し、豚肉は飼育からこだわったきめ細かくしっとりとした岩手県花巻市が誇る幻のブランド豚「白金豚」を使用しております。また、つなぎとして使用している鶏卵、牛乳なども岩手県産の地場産品のみを使用しております。
開発背景や製法のこだわり
一般的に販売されているハンバーグは、焼肉やステーキ等の精肉商品としてカットした際に出る余った端肉を使用して挽肉にする事が多いのですが、弊社では、ハンバーグの為に原料の選定を行っております。挽き材に使う部位、赤身と脂のバランス、肉の状態を見定め、品質の偏りがおきないよう丁寧に生産しております。味の決め手となっているのは、岩手の原料こだわって弊社オリジナルで作った天然の調味料と言われる「塩麹」です。
生産者の特徴
関わるすべての生産者と消費者のために「一関と東京を、食で繋ぐ。」これを弊社の使命と考え、地元食材を使った製品の製造・販売だけではなく、東京の店舗を地元一関をPRするためのシーョールームと位置づけて運営しております。さらには、過疎化が進んでいる岩手県一関市川崎町地区(本社)にある廃校となった小学校の体育館を丸ごとハンバーグ工場にするプランを立ち上げ、雇用を生む事で地域活性化へも目を向けております。
一覧へ戻る

TOPへ戻る