2017年度入賞産品

とくたま

産品名(商品名)
とくたま
企業・団体・組織名
JA全農たまご株式会社
所在地
東京都新宿区中落合2丁目7番1号
産品の種類
一次生産物全般
国産原材料のこだわり
ご飯と生卵のマリアージュで生まれる、卵かけご飯。他のおかずも嫉妬してしまう「とくたま」は、70万パックで630tのご飯の消費促進につながります(卵1個につき、お茶碗1杯150gで計算)。約1200人のお客様アンケートにより、「最高の卵かけご飯の卵」を目指し、黄身のコク・粘り気・濃い卵黄色にこだわりました。JA全農の畜産部門と一緒に研究開発を行い、特許を取得し、開発から7年をかけて完成しました。
開発背景や製法のこだわり
「最高の卵かけご飯」のため、ニワトリに20種類の飼料をそれぞれ与え、産まれた卵の香りや味、ご飯との相性などをテストしました。評価の高い糖蜜、魚粉、米油の原料に限定した後は、その組み合わせを味覚の専門家117名(官能評価者)が審査し、3種類の原料の黄金比に辿り着き、飼料開発に成功しました。特に、糖蜜は砂糖をつくる際の副産物ですが、たまごかけご飯のねっとり感を高めてくれているようです。
生産者の特徴
「とくたま」は、JA全農たまごのナショナルブランド商品としての基準を満たす指定農場で生産されています。鶏の飼料や飲用水の管理を行い、鶏舎内の衛生管理や設備管理にも安心・安全の基準を設けて取り組んでいます。商品を製造するGPセンター内の施設の管理、卵の品質検査や、サルモネラ検査についても様々な検査を実施・記録し、安心・安全を証明できる体制を整えています。
一覧へ戻る

TOPへ戻る