2016年度入賞産品

完熟いちご(Kanjuku-Ichigo)

産品名(商品名)
完熟いちご(Kanjuku-Ichigo)
企業・団体・組織名
アイ・イート株式会社
所在地
栃木県宇都宮市陽東7-1-2 宇都宮大学地域共生研究開発センター3F
産品の種類
一次生産物全般
産品に関するPRポイント
弊社では、「イチゴ個別包装容器(商品名:フレシェル_)を開発し、イチゴの果実部に一切触れずに収穫、容器格納、流通を可能にし、最大80gの大型完熟イチゴの高品質維持流通を実証し、14日間以上の品質保持期間を達成しました。超高品質を第三者に評価のために、2016年4月下旬フレシェル入り日本産大型完熟イチゴを国際味覚審査機構(iTQi:ベルギー)に出品し、優秀味覚賞3つ星の最も高い評価を獲得できました。
産品の特徴・開発背景・原材料や製法・地域の食文化との関わり・味や楽しみ方・調理方法等
日本産イチゴは安全・安心・良食味で世界的にも注目されていますが、果実が柔らかく、果皮が弱いため、輸送中の損傷や品質劣化が問題でした。また、イチゴ品種開発のトレンドは大果で外観が美しいものが多く、イチゴ自体の容姿で差別化することによって、販売価格が比較的高価で取引され、高級感を伴った販売を目指す取り組みが多くなってきていますが、大果イチゴの場合、大きな自重のため外観や内部品質の劣化が生じ易い欠点がありました。
弊社開発のイチゴ個別包装容器はイチゴ本来のおいしさである完熟状態で且つ高品質を維持したまま流通することが可能になります。この新たな高品質イチゴ生産流通技術を用いて、付加価値ではない本来の価値が高い超高級イチゴを、世界各国に展開でき、今までにない日本産農産物の超高品質“ニッポンブランド”形成、そして超高品質・良食味の完熟大果イチゴの世界展開ブランドIchigoの創出を目標に掲げます。
生産者/製造者の特徴・技術・想い・こだわり等
イチゴの生産から消費まで、イチゴ果実に非接触維持可能な超高品質生産流通技術、高品質見える化技術、そして超高品質を担保して世界展開を可能にする輸送技術、これらの技術を体系化することによって、日本産超高品質イチゴの世界展開技術を実証することができました。今後、世界各国への超高品質輸出を実証し、日本産大果系完熟イチゴによる、Strawberryではない新たな超高級Ichigoブランドの創出を目指します。
一覧へ戻る

TOPへ戻る