株式会社東急百貨店選定
2016年度受賞産品

落花生の生カステラ

産品名(商品名)
落花生の生カステラ
企業・団体・組織名
有限会社 金田屋
所在地
千葉県印旛郡栄町安食3692
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類・飲料他)
産品に関するPRポイント
千葉といえば落花生というイメージがありますが、現在落花生農家の減少は深刻なものです。2年続いた不作の影響を受け、国内生産落花生の価格は高騰しており、輸入物の安価な落花生に対抗するのが難しい現状があります。しかし、千葉の落花生には特別な香りと味わいがあります。煮豆に適した“ナタテユタカ”を日本料理店の技で甘く炊き落花生の美味しさを最大限に表現しました。
産品の特徴・開発背景・原材料や製法・地域の食文化との関わり・味や楽しみ方・調理方法等
九十九里浜の日差しと潮風、砂交じり肥沃な土壌に育てられ、特別な香りと味わいがある千葉の落花生。南房総の牛乳と新鮮な卵をたっぷり使い、一日かけて柔らかく甘く炊いた落花生を生地に入れ、しっとりと焼き上げます。生の落花生を渋皮ごと煮る事により、渋皮に含まれるポリフェノールをはじめ、ビタミンC,Eも摂取する事ができます。美容と健康によい本物志向の和スイーツに仕上げました。柔らかく炊いた落花生はお年寄りでも安心して召し上がって頂け、落花生本来の濃くと甘味を感じて頂けます。これまで落花生に興味がなかった方にも、”生カステラ”を召し上がって頂く事によって、千葉の落花生をもっと知って頂きたい。夏は冷凍して半解凍でもまた美味しく召し上がれます。冷凍保存可能。
生産者/製造者の特徴・技術・想い・こだわり等
千葉には「ぼっち」の風景があります。春に蒔いた種は夏に黄色い花を咲かせ、花が落ち地中に実を付け地干しをし、それから円筒状に積み上げ風に当ててゆっくりと自然乾燥させる。千葉ではおなじみの晩秋の風景です。手間のかかる作業を経て美味しい落花生は作られます。千葉の落花生の美味しさを新食感のスイーツで多くの方に味わって頂きたい。千葉の落花生普及に少しでも尽力したいと考えております。
一覧へ戻る

TOPへ戻る