2016年度入賞産品

加賀棒ほうじ茶

産品名(商品名)
加賀棒ほうじ茶
企業・団体・組織名
ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
所在地
東京都渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類・飲料他)
産品に関するPRポイント
石川県伝統的な食文化「棒茶」の美味しさを追求するために、石川県の焙煎業者と協働で国産素材を選び、味覚作りを行いました。通常の原料は商社等を介し調達するが、今回は茶園・焙煎業者、当社との3社で作り上げ、それぞれの製造工程の相互理解を深めながら、信頼構築をした。素材を活かしながら、飲料用原料としてハンドリングに優れた原料を提供いただき、加賀棒茶という伝統的を裏切らない味覚を表現することができた。
産品の特徴・開発背景・原材料や製法・地域の食文化との関わり・味や楽しみ方・調理方法等
開発背景 ほうじ茶は茶系飲料の中で緑茶・紅茶に次いで好意度が高く、特に秋冬に飲用意向が高まる人気のお茶として、継続的に市場が伸張している。また、原料や製法・生産者などにこだわった希少性の高いサービスや商品が支持されており、オリジナル地域のこだわりが詰まった商品のニーズが全国的に高まっている。特に石川県は北陸新幹線・人気朝ドラマの舞台などから注目を集めている。 原料 葉部を取り除き茎だけを選別しているため、手間ひまかけた高級品である。 香り高い一番茶の(碾茶)の茎を増量し、コクを引き出す二番茶の茎とブレンドしたものを、金沢発祥の伝統的な焙煎方法を再現した遠赤外線焙煎でじっくりと浅炒り焙煎することで、上質な香ばしさとコクを引き出した。石川県の焙煎業者と協働で作り上げた風香味は、香ばしくも上品な味わいで、カラダにやさしい低カフェインに仕上がっている。
生産者/製造者の特徴・技術・想い・こだわり等
2016年は既存の500mlPETに加え、HOT対応の275mlPETを発売させる。茎部の使用量も約10倍を想定している。石川県の伝統製法を活用し、競合にないプレミアムな味わいを体感できる商品を提供することで、単なる素材消費に留まらず、エリアの伝統食品の認知拡大のキッカケ作りに繋がるものと考える。本商品を通じて、石川県内の観光客おもてなしに留まらず、県外での理解促進が進んででいくと考える。
一覧へ戻る

TOPへ戻る