2016年度入賞産品

九十九里浜蛤酒蒸しお吸物

産品名(商品名)
九十九里浜蛤酒蒸しお吸物
企業・団体・組織名
株式会社 正上
所在地
千葉県香取市佐原イ3406
産品の種類
加工食品(麺類・菓子類・飲料他)
産品に関するPRポイント
千葉県九十九里浜で採取される蛤は、大ぶりで身詰まりもよくとても美味しい蛤として知られております。千葉県も東日本大震災で大きな被害を受けました(弊社も甚大な被害に見舞われました)。震災の被害から立ち直り(風評被害を含む)頑張っている千葉県の美味しい水産物、この美味しい蛤を手軽に美味しく安心安全に多くの人にお届けしたいと思っております。
産品の特徴・開発背景・原材料や製法・地域の食文化との関わり・味や楽しみ方・調理方法等
しかしこの蛤は、漁獲の時期や季節によって価格の変動が激しく、流通量も安定しません。これらの諸問題を解決し、美味しく安定供給するためにまず茨城県鹿島灘に「蛤用生簀」を設置し、価格が安定している時期に原料調達ができる体制を確立いたしました。次に美味しく長期保存するために最新の加圧加熱調理殺菌を施し、美味しさと安定供給を目指しました。弊社独自の製法で「生きている間」に風味づけされた蛤は、袋から取り出された時に簡単に確実に口が開く加工をいたします。ですので袋から取り出された蛤はそのままおいしくお召し上がりいただけます。また蛤の身は袋の中で、蛤の美味しいだし汁に浮かんだ状態になっております。開封と同時にだし汁が溢れ出しますので、お椀にあけお湯を注ぐだけで本格的な「蛤のお吸物」がお召し上がりいただけるのも大きな特徴です。
生産者/製造者の特徴・技術・想い・こだわり等
弊社は創業寛政十二年(1800年)、醤油醸造を長年商売の礎にしており、味づくりの原点としております。本社社屋は有形文化財の指定を受け、千葉県佐原地区の中心に江戸文化香る佇まいを今も残す1軒でございます。伝承の技で創り出す伝統の味に加え、最新の技術で新しい味づくりも日々模索しております。
一覧へ戻る

TOPへ戻る