製造・流通・システム部門

環境保全型農業を中核に国産100%の食品の普及:株式会社 ヤマキ スーパーを八百屋に戻そうプロジェクト〜小売店店頭を提案型売場へ〜青果売場コンサルティング:株式会社 アップクオリティ チアアップ! ニッポンの「食」プロジェクト:株式会社 伊勢丹
「ファーマーズ・アウトレット」サービスの開始:紀伊産業 株式会社 市外企業誘致による野菜産地の形成と地域農業の活性化:京丹後市 日本産米や関連食品の海外輸出促進:株式会社 神明
国産米100%「米一升・みりん一升」の伝統製法:株式会社 角谷文治郎商店 酒販店の宅配導入と地方活性化への支援:株式会社 ファミリーネットワークシステムズ 宅急便ネットワークを活用した離島の産地直送:ヤマト運輸 株式会社
炊飯器付きお弁当箱「HOTデシュラン」:有限会社 琳聡堂 日本各地の生産者と結び仕入れた国産食材の活用による総菜開発への取組み:株式会社 ロック・フィールド  

製造・流通・システム部門 最優秀賞:環境保全型農業を中核に国産100%の食品の普及;株式会社 ヤマキ

〒367-0311 埼玉県児玉郡神川町大字下阿久原955
TEL:0274-52-7000
e-mail:info@yamaki-co.com

(写真左)株式会社ヤマキ販売部の角掛康弘氏。豆太郎の畑では大豆、小麦、米をはじめ、さまざまな農産物が有機栽培で育てられている。(写真右)豆太郎の畑で収穫された大豆、小麦は、グループのヤマキ醸造で醤油や味噌に加工。こういった製造過程を消費者が見学することができる。

循環型農業で独自の国産食品を生産者から消費者までを結ぶ

同社が原料から栽培する、国産100%の食品の数々。醤油、味噌、豆腐のメイン商品のほか、規格外の野菜を利用した「旬彩漬け」や、野菜豆腐、スイーツなどバリエーションは豊富だ。 農家から素材を預かり、味噌、醤油などの加工品として返す“消費者御用蔵”として明治35年に創業以来、生産者から消費者までを結ぶ循環型農業を実践するヤマキ。同グループの農業生産法人 豆太郎が直営、契約する田畑で育てられた有機栽培の大豆、麦、米、野菜などを、加工メーカーであるヤマキ醸造、豆庵で醤油、味噌、豆腐、漬物などに製品化し、国産100%の食品を消費者に届けている。現在、豆太郎が運営する有機農場は全国で約250ha(契約農家含む)。同社では地域農業の活性化のため、休耕田の再生にも注力している。また圃場の一部は、消費者が環境保全型の有機農業への理解を深め、支援をしてもらえるよう土づくりから収穫までを体験できる「畑の樂校」として開放し、年々参加者も増えている。

製造・流通・システム部門 優秀賞:スーパーを八百屋に戻そうプロジェクト〜小売店店頭を提案型売場へ〜青果売場コンサルティング:株式会社 アップクオリティ(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:スーパーを八百屋に戻そうプロジェクト〜小売店店頭を提案型売場へ〜青果売場コンサルティング:株式会社 アップクオリティ

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8 タニグチビル7階
TEL:03-5259-7861
e-mail:info@up-quality.co.jp

昔ながらの八百屋を再現する。「国産トマトにアボカドを加えたメニュー提案で野菜売場を盛り上げる」企画では、従来の単品提案から複品提案へのシフトを目指した。通常、青果売場ではアボカドは果物に分類されている。そのためバナナやシトラスフルーツとともに陳列されており、アボカドの調理方法を知らないお客様が購入することは少ない。そこで、メニュー提案によってアボカドと野菜を同時に消費拡大することを目指した。展開した売場でのアボカドの売上は前月比400%で1カ月間推移。トマトを購入したお客様の90%がアボカドを購入する結果となった。実演販売により複品販売を実現することは国産の青果物の消費拡大にも大きく貢献する。

製造・流通・システム部門 優秀賞:チアアップ! ニッポンの「食」プロジェクト:株式会社 伊勢丹(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:チアアップ! ニッポンの「食」プロジェクト:株式会社 伊勢丹

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL:03-3225-2572
e-mail:nishiyama_takuma@isetan.co.jp

食品フロアにおいて生産者のこだわりの農産物と良質な加工品を紹介する取り組みの集大成として、平成22年度の年間テーマを「チアアップ! ニッポンの食=vと設定。食品フロアでは志のある生産者にスポットをあてて紹介、月刊カタログを製作して情報発信し、生産物と加工品を「食のファッション」として紹介し、食生産の付加価値を高めることに取り組んでいる。また、この取組みを中元・歳暮にも拡大し、さらに6月には活動を認知してもらうため大型催事を開催した。こうした一連の取組みを通じて、食に関する関心度の高い先駆的顧客に、日本の食生産に対しての問題意識と生産者への共感、そして生産者への支援の意識の共有を図ることができた。

製造・流通・システム部門 優秀賞:「ファーマーズ・アウトレット」サービスの開始:紀伊産業 株式会社(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:「ファーマーズ・アウトレット」サービスの開始:紀伊産業 株式会社

〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-9-3 福岡MIDビル7階
TEL:092-472-3461
e-mail:s-ogata@keytrading.co.jp

平成22年4月に、農業専門のアウトレット売買サービス「ファーマーズ・アウトレット」を設立。農産物、農業資材、農業機械、種子、苗、その他農業用品のアウトレット売買を仲介している。このサービスの特徴は、紙媒体上で農業関連のわけあり商品を販売・購入できること。規格外の野菜や余剰生産野菜、メーカーの廃版製品、モデルチェンジ品といったこれまでは廃棄されていた農産物や農業用品を再販できるチャンスを提供する。これらのアウトレット品を掲載した紙媒体を、全国のレストラン、農協、農業関連メーカー、商社などに毎月1万部配布(写真左)。アウトレット商品を利用してもらえる食品加工メーカー、レストラン、農家の拡大を目指し、これによって国産野菜の消費を高め食料自給率の向上にもつなげたい。

製造・流通・システム部門 優秀賞:市外企業誘致による野菜産地の形成と地域農業の活性化:京丹後市(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:市外企業誘致による野菜産地の形成と地域農業の活性化:京丹後市

〒629-2501 京都府京丹後市大宮町口大野226
TEL:0772-69-0410
e-mail:nosei@city.kyotango.lg.jp

京丹後市では水稲生産が中心だったが、平成14年度に国営農地開発事業により52団地約500haの畑地造成が完成。茶、果樹、加工野菜などが作付けされて大規模畑作農業が展開されている。しかし、農家の高齢化や後継者不足などの問題を抱えていたことから、市外からの企業参入誘致を進め、条件整備として農地の斡旋や補助事業の実施などの支援を行ってきた。平成17年に外食産業からの入植をきっかけに、野菜卸、小売、漬物製造小売業などの企業が入植し、現在5社約50haで営農されている。参入企業により、玉ネギ、人参、大根などが生産され野菜産地形成に寄与。また、参入企業により雇用の確保が図られると共に、農業研修生を受け入れて担い手の育成も行われている。

製造・流通・システム部門 優秀賞:日本産米や関連食品の海外輸出促進:株式会社 神明(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:日本産米や関連食品の海外輸出促進:株式会社 神明

〒650-0023 兵庫県神戸市中央区栄町通6-1-21
TEL:078-371-2207
e-mail:kurita-yoshinobu@akafuji.co.jp

国内米卸(仕入れ、製造、販売)を行う株式会社神明では、平成20年より日本産米の輸出を開始し、食料自給率向上に取り組んでいる。援助や飼料用を除く、日本全体からの米の輸出は年間約1,300tであるが、同社の場合は平成20年産米で約30t、平成21年米で約300tを既に輸出・販売しており、平成22年米は約1,200tの輸出・販売を見込んでいる。輸出用の米は、生産者と事前に契約する「新規需要米」を活用。担当役員による産地講演など、販売先の開拓と共に、新規需要米に取り組む生産者の確保にも力を入れている。販売先の開拓は、国内・海外に関わらず積極的に行う。また、主力商品は精米だが、子会社が製造するパックご飯や寿司セットなど(写真左)、海外で売りやすい商品づくりも積極的に行う。

製造・流通・システム部門 優秀賞:国産米100%「米一升・みりん一升」の伝統製法:株式会社 角谷文治郎商店(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:国産米100%「米一升・みりん一升」の伝統製法:株式会社 角谷文治郎商店

〒447-0843 愛知県碧南市西浜町6-3
TEL:0566-41-0748
e-mail:sumiya@mikawamirin.com

創業以来100年、国産米と本場三河の製法にこだわった伝統的なみりん造りを継承し、造り続けている角谷文治郎商店。同社の「三州三河みりん」の原料は国産米100%。みりん造りにおいても、海外の安価な米を使い生産コストを引き下げるなどの傾向がある中で、同社では国産のもち米、米こうじ、本格米焼酎のみから造る製品を「本格みりん」として提唱。さらには、原料もち米の減農薬化、有機栽培化にも取り組んできた。「有機三州味醂」は、伝統製法はそのままに国内産の有機栽培米のみを使用した製品。環境に配慮した農法で作られた作物をみりんに加工し、消費者に届けることで、そこに生活者一人ひとりが食料自給率をアップさせることができる「当事者」であるというメッセージを託している。

製造・流通・システム部門 優秀賞:酒販店の宅配導入と地方活性化への支援:株式会社 ファミリーネットワークシステムズ(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:酒販店の宅配導入と地方活性化への支援:株式会社 ファミリーネットワークシステムズ

〒555-0034 大阪府大阪市西淀川区福町3-1-53
TEL:06-6474-6830
e-mail:n.fukuzaki@e-fns.co.jp

酒販免許自由化による売り場増と、酒消費の減少による酒売り上げの激減を背景に、これまでの酒のみの販売から脱却。食品、惣菜、米、飲料水、雑貨など生活に必要な商品まで取り扱うことで、買い物に不安や不便を感じている高齢者へ便利な生活を届ける。商品の販売だけでなく、電球の交換など生活に関わる“ちょっとしたこと”へのサービスで、地域と密着した運営を行い宅配による地域への貢献。食品は、その地方にしか出回っていない特産品や珍しい商品の発掘に取り組み、生産者と共に開発。消費者へ宅配を通じて、その土地ならではの商品を発信していくことで、地方の活性化を目指す。各地方自治体との連携の中で、島根県との取り組みは成功を収めている。

製造・流通・システム部門 優秀賞:宅急便ネットワークを活用した離島の産地直送:ヤマト運輸 株式会社(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:宅急便ネットワークを活用した離島の産地直送:ヤマト運輸 株式会社

〒104-8125 東京都中央区銀座2-16-10
TEL:03-3541-3411
e-mail:koho2@kuronekoyamato.co.jp

日本には住民登録のある離島が314あるが、ヤマト運輸はそのすべての島に宅急便を送ることができ、民間企業でありながら30以上の営業所を離島に設置している。宅急便は島のインフラとして根付いている。毎月数十万個以上の離島発送の宅急便を通して、島の産物を全国の消費者に直接届ける使命を担う。例えば、鹿児島県種子島の食料自給率は700%であるが、その豊富な生産物を島の産業振興に活かすために、7月収穫の日本一早い新米、海産物や安納芋の発送をしている。インターネットによる産地直送販売も増えており、知られざる地方の名産品を全国に発送することで、これからも地域の活性化に貢献することが期待できる。

製造・流通・システム部門 優秀賞:炊飯器付きお弁当箱「HOTデシュラン」:有限会社 琳聡堂(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:炊飯器付きお弁当箱「HOTデシュラン」:有限会社 琳聡堂

〒173-0016 東京都板橋区中板橋29-8 クリテックビル2F
TEL:03-5375-8455
e-mail:asada@rinso-do.jp

サラリーマンやOLも外食ばかりだと食費もかさみカロリー過多になりがち。そのため節約、健康志向の今、お弁当持参や内食が増加している中、平成22年6月に発売した炊飯時の水蒸気でおかずも温めることのできる炊飯付きお弁当箱「HOTデシュラン」は発売3カ月で1万個の大ヒットを記録した。炊飯器と弁当箱が合体したもので、お弁当なのに炊き立てご飯が食べられる優れもの。食料自給率低下の一因である若者の米離れ、消費者のごはん離れには様々な原因が考えられるが、ご飯を炊くのが「面倒くさい」という一因もあり、「HOTデシュラン」の簡便さはお米の消費拡大に貢献できる。

製造・流通・システム部門 優秀賞:日本各地の生産者と結び仕入れた国産食材の活用による総菜開発への取組み:株式会社 ロック・フィールド(イメージ)

製造・流通・システム部門 優秀賞:日本各地の生産者と結び仕入れた国産食材の活用による総菜開発への取組み:株式会社 ロック・フィールド

〒658-0024 兵庫県神戸市東灘区魚崎浜町15-2
TEL:078-435-2802
e-mail:pr@rockfield.co.jp

洋総菜の「RF1」、コロッケ専門店の「神戸コロッケ」など8ブランドを展開する株式会社ロック・フィールドは「健康・安心・安全・環境」といった理念のもと、食育の実践と提案を掲げたSOZAIビジネスを行っている。日本各地の約1,000戸の農家との協力体制を構築し、安全で上質な国産食材を積極的に仕入れているのも特徴だ。同社の生鮮農産物の取り扱い品目総数150アイテム以上(年間)のうち、約7割強は国産食材。このうちグリーンリーフ、男爵いも、キュウリ、水菜、サニーレタスなど主要10品目は100%国産を使用している。旬と鮮度にこだわり、日本列島を産地リレーしながら、食材の安定供給と日本の生産者支援、および国産食材の価値向上に努めている。

受賞者 プロジェクト
 
アースサポート株式会社/農業生産法人 有限会社アースファーム 食品残さの善循環型リサイクル構築及び環境教育活動による食料自給率向上運動
 
有限会社 アグリパークゆめすぎと 道の駅における「米」回帰への多角的取り組み
 
有限会社 アローズ ダイナミックフルーツプロジェクト
 
アローム清水店 国産米の米粉を使った『米粉菓子パン』の販売
 
株式会社 稲葉納豆工業所 国産大豆を使った美味しい納豆の推進活動
 
エイティエイト株式会社/小浜市役所農林水産課 地域に密着した米粉商品の開発と地域振興
 
株式会社 エコスラボ 「環境王国市場」:「環境王国」認定市町村の安全・安心な農作物や特産物をインターネットで販売。
 
遠州中央農業協同組合 管内産粗飼料で生産された牛乳の地産地消による販売促進
 
株式会社 大潟村あきたこまち生産者協会 米粉食品は発芽玄米でおいしくヘルシーに!(発芽玄米めん・発芽玄米粉)
 
株式会社 オーガニックフーズライフ 約10年前より米粉に取り組み、米パン、米マヨネーズなどを開発、販売
 
株式会社 おとうふ工房いしかわ 『田んぼ』まるごと購入!江別農業応援プロジェクト
 
小野川温泉女将会/小野川温泉観光協議会非営利組織(NPOなど)
 
カフェ・ド・クルー(有限会社 モリ・ワール)/株式会社 横須賀軽金【ヤサイクル】1.よこすか小麦偏 〜 パンからパンを作ろう! 地域自立循環型作物栽培 2.よこすか海軍カレーパン偏 〜 パンからパンを作ろう! 地域自立循環型作物栽培及び製品作り
 
株式会社 かまえ直送活き粋船団 漁師自ら加工品の開発、飲食店の店舗展開を通じ、魚食の普及活動を実施
 
関西地野菜&オーガニックダイニング北新地農園 関西の農畜産物を主としたメニューを通じ農畜産家とお客様を結び、国産農畜産物の普及拡大及び消費拡大を行い、食料自給率を上げる
 
株式会社 紀州ほそ川 地域資源・梅酢からの開発飼料「紀州梅そだち(梅BX70)で新地域ブランドの創出、紀州うめ冠ブランドでみんな元気に!
 
北村物産株式会社 日本の食文化「ひじき」を孫子の代に
 
有限会社 木之内農園 農業生産、加工、販売から新規就農支援までを取り組む農業団体
 
株式会社 九州のムラ市場 ムラとマチをつなぐ、マチの直売所
 
共生食品株式会社 大豆と小麦とエトセトラ・・・できることからコツコツと。〜食品製造からレストラン経営まで〜
 
株式会社 清庵 野菜を食べてもらうには?・美味しさと鮮度を求めて(青果物の生産・物流・販売各レベルにおける環境を考慮した無駄の排除と次世代に残す良質な食材の普及)
 
熊本製粉株式会社 「もっと米粉を知って、見て、食べていただくために」PJ米粉居酒屋「米粉屋」
 
株式会社 栗駒フーズ あっちぃ温泉水で、ンメー牛乳作ったド!
 
小林製麺株式会社 新領域への販路拡大
 
株式会社 米蔵ヒラマツライスサポート 「笑顔げんきシリーズ」による、子供への「新しいごはんの形」の提案
 
コンサドーレ札幌 コンサドーレ札幌の食の自給率向上の取り組み
 
株式会社 三真 国内産原料を使用する商品の開発製造販売を推奨する。
 
株式会社 サンプラザ 国産の農水産・畜産物の販売強化と、国産米粉や国産加工品の販売の促進 他複数案件もまとめる
 
株式会社 JR東日本リーテルネット PBブランド「Panest −パネスト−」で国産米粉を使用したパンを首都圏を中心とした駅構内店舗にて発売
 
食協株式会社/株式会社 上万糧食製粉所 米粉拡販活動
 
農事組合法人 白鳥ファーム/有限会社 上田製パン 米粉による製品開発、農家と洋菓子店とのコラボレーション
 
新生飼料株式会社 国内工場からでる食品副産物を利用したエコフィードで飼料自給率向上!
 
株式会社 真和 ミスト農法により、化学農薬を一切使用しない大葉の生産
 
株式会社 スーパーソニック 五島列島支援プロジェクト
 
生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 組合員35万人に国産にこだわった消費材を供給し145億kcalの自給をたかめた
 
NPO法人 雪氷環境プロジェクト 雪氷冷熱を利用した北海道産の貯蔵農産物のPR
 
株式会社 ソーコム 米粉食品の普及に向けたwebでの宣伝・販売活動
 
株式会社 ダイエー 『おいしくたべたい!さつま姫牛』生産から販売まで一貫管理
 
株式会社 タイナイ 新潟産コシヒカリ100%使用の米粉パン・米パン粉の製造販売
 
太陽食品株式会社 作る人と食べる人が共に歩める流通ネットワーク作りで国内消費向上
 
有限会社 高島産業 地元産飼料米を給餌した純国産鶏もみじの鶏卵の生産と販売
 
有限会社 千葉恵製菓 「米粉がんづき」 「米粉大福」 「国産原料使用商品」 の開発と拡販の取り組み
 
直売所・農家れすとらん まねき猫 こだわりの循環型による農業生産とその商品を消費者に直接伝えるための直売所運営
 
株式会社 東京フード 産地開発〜栃木ミネラル生姜契約栽培への取り込み〜
 
東京フード株式会社 お米で作ったカレールゥ・コーンシチューで全国のお米を原料に低ロットで各地のオリジナル商品を製造
 
東邦ガス株式会社 第50回記念 ガス展 〜おいしいくらしの博覧会〜 における 「おいしいWa!]プロジェクト
 
ドクター・オブ・ジ・アース株式会社(屋号:野菜ソムリエの店のら) 飲食店の産地直送・地産地消の活動を支援 「のら産直システム」
 
凸版印刷 印刷を通して行う食料自給率向上への取り組み
 
豊岡市 『〜食べる健康・食べる貢献〜』コウノトリ野生復帰を支える「コウノトリ育むお米」の取組みについて
 
有限会社 どんどこあさば 地域ぐるみで取り組む米ビジネスの拠点となる活動
 
なか川 東風庵 国産大豆(佐賀県産「フクユタカ」)使用によるお豆腐作り
 
株式会社 名古屋食糧 「全国12産地新米食べ比べセット」の企画・販売の実施
 
日本橋 ゆかり 「日本橋ゆかり 発芽玄米 泡の酒」(国産発芽玄米粉75.1%使用)発泡酒の開発・販売
 
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 直売所向け地産地消型地元農産物食材セット受注・加工・販売のビジネスモデルの開発
 
野のもてなし料理 なな菜/道の駅「山内」黒髪の里 地産地消のバイキングレストラン 野のもてなし料理なな菜
 
株式会社 半鐘屋 中四国農政局管内初!米穀粉地域流通加工用米制度の活用
 
株式会社 ビッグ・エービッグ・エーは日本の農業・漁業・畜産業を応援し、 国産品を中心に品質が確かで健康に配慮した安全な商品で低価格を実現する 〜品揃えと積極的な国産訴求により、日本の農業支援と食料自給率向上に貢献〜
 
氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣 氷見温泉郷 魚巡りの宿 女将のお取り寄せ
 
株式会社 Beautiful Life 森の天然水「アクアセレクト」会員に対する「田んぼのオーナー制度」の実施と竹粉肥料「みのり米」の販売
 
株式会社 平田牧場 飼料用米は日本の食卓を救う!食料自給力向上への挑戦 平田牧場モデル
 
ファーマーズ・マーケット・アソシエーション 新たな販売機会及び販売先の提供
 
ファームドゥ株式会社 農産物・地揚産品の生産者直売所の展開 〜安心をかたちに 農家と共に〜
 
株式会社 フーディーネットジャパン 「梨果汁でやわらか」シリーズの普及を目指して
 
株式会社 福島屋 安全安心を提供する、食品スーパーとしての取り組みとユナイトプロジェクト
 
藤代商店 藤代商店 横浜野菜へのこだわり
 
株式会社 ベイシア 安心・安全を届けるための産地や加工プロセスの情報開示
 
ポモドーロ 「JA東とくしま」の米粉使用"純なま米粉=i製造特許出願中)ピザの開発と拡販への取り組み
 
有限会社 まんてん堂 2社の共同開発による国産食材の販売
 
株式会社 ミートコンパニオン/農場管理獣医師協会 獣医師による畜産物生産情報の認証(FMVA認証)事業 〜食卓の安心は農場から〜
 
株式会社 三浦屋 三浦屋 米粉商品シリーズ
 
宮津まちづくり研究会 「丹後でだんご」プロジェクト
 
有限会社 ムース 通信販売等の無償支援・村おこし・農業に人気のない土地でも、特性を生かした農産物
 
森乳業株式会社 牛乳をたっぷり使った飲料の普及販売
 
八菜家 農業法人八菜家は自ら生産、加工、販売を理念に!
 
ヤマトシステム開発株式会社 ヤマトグループによる国産食品の自給率向上に向けた流通スキーム
 
生活協同組合連合会ユーコープ事業連合 地元漁港からの直送による店舗鮮魚部門の地産地消の推進と未利用魚の販促
 
株式会社 47CLUB 自社webサイトにおける国産食材の紹介、販売
 
銀座 菓楽 玄米粉を使用した体にやさしいスイーツの販売
 
りんどう湖ファミリー牧場 自然環境・有機作物に貢献する食品エコサイクル
 
株式会社 ローソン 『国産米粉のぱん』シリーズの発売
 
株式会社 和仁農園 耕作放棄地の発生防止と解消活動(耕作放棄地の再生と水稲・野菜栽培)

ページの先頭に戻る